葬儀の世話役とは?

この頃、不幸が続き色々な葬儀に出席しているのですが、初めての経験をしてきました。
その葬儀はお葬式の準備段階から参加していて親戚同士での話し合いの際に世話役をやってほしいと言われました。
自分は世話役って何(・・?といった状態でそれを見かねた喪主の方が簡単に説明してくれました。その内容は以下の通りです。
会計係・・・葬儀の費用の出し入れや香典の管理を行う。
受付係・・・弔問客への受付や案内をする。
進行係・・・葬儀の司会、進行。ちなみに今回は葬儀社さんにお願いしました。
台所係・・・お酒や食事、お茶菓子などの用意。通夜振る舞いや精進落としの宴席の接待をする。
自分はこの4つの中の受付係をやることになりました。
受付なんてやったことがなかったので不安でしたが、喪主の方曰く一番簡単な仕事だそうです。
実際にやってみてわかったのですが何も難しい事はありませんでした。
弔問客から香典を受け取り、その際に「本日はお忙しい中をありがとうございます」などと一言添えて住所と名前を記入してもらう簡単なお仕事でした。
トントン拍子に受付係の仕事も葬儀も終わり、帰り支度をしていた時に、喪主の方が「次は進行係をおねがいするから!」と元気良く言って去って行きました。
思わず( ゚д゚)ポカーンとなり、その場で10秒ほどフリーズしてしまいました。
「次の葬儀・・・?」そんな恐ろしい事を帰り際に聞かされて、怪談以上に怖くてたまらないです。冗談であることを願っています。